2021年5月12日(水)、第7回目のCENT Pitchが開催されました。

【開催概要】
『CENT Pitch』は、中部圏におけるオープンイノベーションの中心地となることを目指し、中部に拠点を置く・または中部に進出したいシード〜アーリーのスタートアップ企業が登壇するピッチイベントです。イベントを通して企業の皆様のニーズとのマッチングを図り、中部地区のスタートアップエコシステム醸成・経済活性化を目指しています。

中部圏におけるイノベーションのハブである『ナゴヤイノベーターズガレージ』と、内閣府の定めるJ-STARTUP / J-STARTUP CENTRAL にも選定されるような有望なスタートアップを数多く排出する『名古屋大学オープンイノベーション拠点(OICX)』の共催で毎月開催されるピッチイベントです。

本イベントは、中部圏に拠点を置く多くの企業の皆様によって支えられています。これからも、新たなテクノロジーやアイデアを発掘し、育てていくためのプラットフォームとして活動して参ります。新しいビジネスアイデアが次々と生まれる場に、ぜひご参加ください。

◇登壇企業
株式会社VMK
Voltageでは世界中を熱狂の渦に巻き込むべく、学生と企業の垣根を超えた挑戦と出会いの場を提供しています。学生無料スペースの運営を中心としてイベントの開催やキャリア支援、起業支援を提供し、企業向けには採用・広報支援や新規事業立案サポートを提供しています。

ジークス株式会社
小児科医が作成したQ&Aによって子育てにおける不安を解消できるアプリケーション「あんよ」の開発を通して、医療従事者・患者、すべての医療と関わり合っている人々に、今まで体験できなかった新しい医療体験を提供します。

株式会社fff(フォルテッシシモ)
テニスガットに活用できるコンパウンドと、低コストな炭素繊維を軸に先端繊維材料開発を行っています。コンパウンド事業では、従来品ではなし得なかったCNT高分散樹脂ペレットを実現。炭素繊維事業では、従来にない、低コスト炭素繊維、特殊(太径・異形断面)炭素繊維の製造を実現します。

株式会社Map IV
3次元地図、位置推定技術を中心に、様々なエリアの3次元地図作成を手掛け、自動運転の実証実験等に貢献。また、オープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」の開発、運用実績を用いて、様々な走行データ計測車両も構築。自動運転システムのための3次元地図作成、位置推定技術の研究開発を進め、自動運転の実用化に貢献します。

【Peatix URL】
https://centpitch-20210512.peatix.com/

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP